今夜はこんな床屋政談( KW田氏都市伝説を広める 編)

07 31, 2013
なるほど、タバコの名前がついたウタ。これだけターゲットがはっきりした提灯持ちはわかりやすい。絡まってるしがらみもわかりやすい。でもタバコ会社のタイアップはないの?

この人こそ「お花畑」を地で行く王道J-*OP!破壊力ナシ。

16の頃に度肝を抜かれた勢いはもう無く、60の声を聴く爺さんのウタに耳を傾ける人はどれだけ居るのだろう?「平和な時代は良かった」という回顧にしか聞こえない。

ウタの三行目だったか、「歴史の授業の現代史が何とか」って言うフレーズは、申し訳ない。四十九歳以上の人にしか通じないんだよ。四十八歳以下の人たちは「現代社会」っていう必修科目があったのね。ちょっと昔の勉強を調べてみた地図読みを教える仕事のオジさんのア・ド・バ・イ・ス。そこで、環境とか、冷戦とか、人権とか、共生とか、大衆社会とか、みんな教わってたんだよ。だから、この間書いた「無教養」じゃないその世代の人たちとその子世代はシンプルでまじめな生き方をしてるんだ。バブルに晒されてもね。でも「無教養」な方の人たちは踊っちゃったねえ。そっちが多いからこうなってるんだっけか。

ところが、マスコミ一般やちょっと解ったようなこという評論家先生たちは、知っててか知らずか「世の中の若者は…」てやるわけだよね。それに洗脳された普通の人たちは、「学校はなにやってるんだ」になるわけで、そういうことを言われ続けてきっとセンセイたちはずいぶん心折れたことだろうね。その上、今の、ほら、記者さんたちは、ネット依存の厨二病の大人子どもの騒ぎを真に受けて、リアルを調べずにバーチャルだけで判断するような記事を書いたりしてるんだね。今日のニュースで中高生のネット依存者が五十二万人いたとかいうから、ほら、幕張やお台場へ集まる連中の延べ人数とだいたいおんなじじゃ無いの?だから、そういう連中のうち、何人かがネット何とかって言われて、新大久保とかで騒いでるんでしょ?意味もわからず総理大臣に迷彩服着せて戦車に上らせて喜んでるんだろうね。

ひどいことには、そのしがらみから抜けられない人たちがテレビラジオへ出てるから、どんなに「まずい」と思ってても奥歯に物の挟まった事しか言えないのね。それで「俺はぎりぎり言ってる」って態度の人もいるよね。あんまり通じてないけど。ほら、昨日だったか大阪のワイドショーでY本氏が時間確認して主張しようとしたら途中でコマーシャルになって、そのコマーシャルの会社の不買するとかの騒ぎになって、放送局にコマーシャル出した会社が苦情言ったとか、笑うしか無いでしょ。でもY本氏の仲間で十何万票で落ちた人、その人のことオジさんはあんまり知らないし怪しいこと言ったりしてるそうだから、若い人煽ってどうするん?「おやおや?」って感じかな。

そうそう、「お花畑」つながりで、こっちの人は戦争体験があっての「お花畑」だから、くれぐれも気をつけて揶揄するように

じゃあ、正しいPOPSの王道を。ストリングス満載のフィラデルフィアサウンドを。S南サウンドも「近郊の荒廃」か?
Dixie Flatline - Juvenile (MS70's Mix ) [feat. Kagamine Rin/Len]




F1001000.jpg
かつての愛犬と共に往く湘南。



今夜の魔窟の放射線量簡易測定 0.06μSv/h アップ48時間後の値です。あくまで簡易な測定値ですからどうかご参考まで。公式の精密な測定値をどうかご確認ください。白旗が揚がりましたね>地下水。相変わらず融け堕ちていることもばれてたという事で。燃料中の反応物質の割合が低いからとはいえ、二四〇〇〇年放射線を出すんですか?人間には止められない数千度の物質が融け堕ち続けて、数万mの地の底まで逝ったら、地殻に割れ目が開くんでしょうか?素朴な疑問。


スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 脱線
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 人類の歴史に残る出来事の中で     私たちは戦っているのです。
電力使用状況&電気予報
    みんなで節電社会をつくりましょう! あかるい夜を取り戻そう!
プロフィール

krn1962

Author:krn1962
FC2ブログへようこそ!
画像映像使用等で何かありましたら、コメントをください。よろしくお願いします。くたびれたオッサンですが、介護も終わったし、また新しい戦いの旅に出ましょうか。「魔窟」なのは、いい歳をした私の汚部屋のことです。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カウンターをつけました