スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街場の交通論(Radio is Active!版)

03 30, 2011
今は2011年。40年前の技術にまだ頼っていた我々…。

私がこどものころ、大好きな鉄道の世界では、まさにエネルギー革命が進んでいたのでした。私が住んでいた埼玉県では床に木の板が敷かれていた電車がだんだん無くなって、綺麗なラインカラーの電車たちがどの路線にも走るようになっていたのを思い出します。そして、いなかでは黒い煙を吐く蒸気機関車が引っ張る茶色い客車の列車がだんだんディーゼルカーに変わって行っていたんですね。駅では、まあるい柵の中で改札の人がハサミを鳴らしながら、お客さんたちの切符をリズム良く切っていたんでした。お盆など混む時期に指定席を取るのも、数少ない駅の「みどりの窓口」へ朝早く並んで、申し込み用紙と引き換えに整理券をもらい、午後切符が取れてたか見に行ったものでした。指定券が取れなければ、今度は上野駅へ朝早く行って2時間も並んで、ディーゼル急行列車の自由席にありついたものでした。

新幹線は東京と名古屋大阪の3大都市を仕事で行き来する人のための乗り物で、東北出身の我が家には西へ行くような用事は全くなく、誰かの家で始めて見たカラーテレビは大阪での万国博覧会の様子を映し出していました。
鉄道会社は、大変な勢いで蒸気機関車を置き換えていたわけで、これは国鉄ばかりでなく、地方の私鉄や、業平橋にタワーを造っている会社もたくさんの機関車を置き換えていたのでした。
鉄道会社は、そうやって経済的で快適、高速な輸送を実現しようと常にイノベーションに努力して来た結果、今、多くの利益を上げるようになり、運賃の上昇も控えられるようになったのですね。そして世界での技術競争をリードして来たのでしょう。

それに引き換え、電力会社や歴代政府は電力の生産に対して何らイノベーションを進めてこなかったのですね。40年前の技術に頼り、それを永遠に使い続けようとしていたのですね。「電力は貯められない」「増え続ける電力需要への家庭、企業での自給」というテーマにチャレンジしてこなかったのですね。一方、電力を消費する事を美徳とし、多くの電化製品に囲まれるというライフスタイルを流行として来た企業たちも、その姿のちぐはぐさに気がつかなかったのでしょう。我が家で太陽電池を屋根に上げてから、どれだけ苦労したか…。

この度の事は、時速300kmの蒸気機関車を走らせる事で超高速鉄道を運営してきて、それが事故を起こしたようなことになるのでしょうか。精密な機械を動かす技術はすばらしいものですが、そのための条件は厳しく、精密な機械は壊れやすいものです。ましてや、外からの大きな衝撃や機械を落っことすような出来事で、精密な機械にとって取り返しのつかないことが起こると言う、当たり前の事を忘れていたということでしょう。それを忘れて、「絶対」と言ってしまった人たちの自然や社会へのおごりはいくつもの命と多くの土地を持って償われる事になるのでしょう。

この出来事が新たな祖国建設の切っ掛けになることを、まだ、信じて。

そのためのMap!東北地方太平洋沖地震 被災地域公共交通運行状況マップ


出したくはなかったけれど、今夜は追記にこの曲を。皆様すでにお分かりとは存じますが…。





続きを読む »

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 脱線
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 人類の歴史に残る出来事の中で     私たちは戦っているのです。
電力使用状況&電気予報
    みんなで節電社会をつくりましょう! あかるい夜を取り戻そう!
プロフィール

krn1962

Author:krn1962
FC2ブログへようこそ!
画像映像使用等で何かありましたら、コメントをください。よろしくお願いします。くたびれたオッサンですが、介護も終わったし、また新しい戦いの旅に出ましょうか。「魔窟」なのは、いい歳をした私の汚部屋のことです。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カウンターをつけました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。