→Pさまの手紙(CC MN118君)

11 30, 2010
切っ掛けはMN118君が書いていたツイッターでした。今夜はほとんどコピペです。どうかご容赦。

MN君:<引用>http://twitter.com/MN118
未だにこの発言だけは許せない。これではまるでボカロを作品として認めている人たちが狂っていると言われているように感じる。4万人のフォロワーが居るアーティストの発言にしては軽率過ぎないか?
<引用終わり>

「この発言」:http://www.twitlonger.com/show/6vjmlt
On Sunday 14th November 2010, @Aoi_theGazettE said:

この方は有名なプロの方なのですね。この出来事を知らず、これに先立ってMN君のブログ記事でウィリアム・F・ギブスン先生のミク嬢への認識に対して、ワタシとMN君でこんなやり取りがあったのです。

MN君<引用>:
「電子の歌姫」というキャラクターが独り歩きを始め、同人誌もフィギアも売っている。これでは登場人物がパッケージ絵に変わっただけで、「アニメ文化」と何一つ変わりません。だから僕は、PVにミクさんを登場させないと決めたんです。
MN君のブログ記事:
このような発言は嬉しいのですが、同時に先生を失望させはしないかと不安にもなります。初音ミクの文化は、どこか毒されているのではないかと思えるのです。

初音ミクが「アニメ文化」等の延長線上で生まれたものではなかったというのは確かだし、今でもそうだと信じてきました。だから、こうして敬遠すること無く付き合って来れたのですね。
しかし現実には、今でも別個の文化があると言い張れるか怪しくなっています。「電子の歌姫」というキャラクターが独り歩きを始め、同人誌もフィギアも売っている。これでは登場人物がパッケージ絵に変わっただけで、「アニメ文化」と何一つ変わりません。TV画面にそのような光景が流れては、目を背けたくもなります。

僕が好きだった文化は、もう無くなっているのかもしれません。
<引用終わり>

ワタシのMN君へのコメントは最後にして、

「この発言」への→Pさまの手紙<引用>
:http://www.twitlonger.com/show/76t9kj
On Sunday 28th November 2010, @Yajirushi_P said:

初めまして、VOCALOIDを使用して作曲をしている←P(やじるしぴー)と申します。自分はtheGazettEが大好きです。ライブにも何度か足を運ばせて頂いています。
ライブを見て皆さんに憧れ、皆さんと同じ舞台に立ちたいと思い、高校を卒業して田舎を離れ、音楽の専門学校へ通いました。未成年の歌詞に強く共感したのを覚えています。
皆さんがどれだけの苦労をして今の位置に居るのかも、初期の方から聞いていた自分としてはそれなりに分かっているつもりです。いえ、そう言い切っては失礼かとも思いますが・・・。
自分が経験する事のなかったような、血のにじむ努力があったものと思われます。
そのくらいの覚悟を決めて自分も音楽を目指したのですが、とある理由でプレイヤーの道を諦めざるをえなくなりました。バンドも解散し、自分一人では何もできなくなりました。
ですが、音楽は続けたかったのです。自分はベースを弾きたかったので、自分で歌を歌う事は考えていませんでした。ですが、歌ものがやりたかったのです。歌詞のある曲が作りたかった。そんな自分にはVOCALOIDは本当にありがたいものでした。
作曲に関しては全くの素人のでしたが、それでも自分の曲が、沢山の人に聞いてもらえた。まだ音楽を続けられると思えると、幸せでした。
確かに肉声に叶うことはないかもしれません。しかしVOCALOIDを使って曲を作っていた事で、沢山のボーカリストさんとも知り合う事ができました。その方たちに曲を書いたりする機会も貰うことができました。
皆さんと同じ舞台に立つ事は叶いませんでしたが、皆さんと同じように、沢山の素晴らしき仲間を持てた事は、VOCALOIDの世界に入っていてよかったと思える理由の一つです。
「それならばそのボーカリストに歌を書き続ければいい」と思われるかもしれませんが、なんでしょうか、この界隈に愛着が沸いてしまいました。プロの作曲家の方々がVOCALOIDの世界に進出してきた時も、そんな人たちと素人が比べられるこの界隈が面白いと感じました。何より自分と同じような境遇の方たちに、このVOCALOIDというソフトの可能性を示し続けたいと思ったのです。
外から見たら「奇妙な文化」であるとは思います。ですが、そんなVOCALOID作品を、色々な方がそれぞれの思いで製作している。こんな機械の声が沢山の人に聞かれ始めたのは、そういう人たちのおかげなんだと自分は思っています。
声が違うだけで、作品に対する思いは皆さんと変わりません。一人では実現できなかったその作品を、VOCALOIDというソフトが実現させてくれ、それをネットを通じて沢山の方に聞いてもらえるようになった事を、自分は純粋に嬉しく思います。
長文失礼致しました。最後に、個人的なオススメの作品を残しておきます。

鬱P「害虫」 http://www.nicovideo.jp/watch/sm10481957
【初音ミク】 害虫 【オリジナル】


ピノキオP「ボーカロイドのうた」 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9410950
【初音ミク】 ボーカロイドのうた 【オリジナル】

<引用終わり、画像はりつけは本ブログ>

MN君のブログ記事へのワタシのコメント:
そんなことは
無いと思います。この先生が書かれている通り、実に多層に重なり合っている現象なのです。もちろんゲームセンターの景品から始まって世界を股に掛けるコンポーザーまでこの現象に関わっているわけですから、関わる私たちがどこに足場を決めるかでその人のミク嬢との関係が定まってくるのではないでしょうか?少なくとも、ワタシやMN君は「曲の良さ」という位置を定めているのでしょう?最近のワタシのブログは、「歌ってみた」の割合が増えているように思えます。もともと「人間の声のサンプリングソフト」であるところのミク嬢ですから、これを使いこなすボカロPの皆さんや絵師動画師の皆さんの音楽的センスや美学がミク嬢を通して表れることを楽しんでいるという人たちは多いと思いますよ。どうでしょう?

話しが同時進行だったようで、→Pさまのツイッターではこのようなフォローが来てました。<一部引用>
Aoi_theGazettE
少しボーカロイドについて勉強してみる。<中略>確かに、例えばだけどサンプリングされたドラムやなんかも出始めはそうだったのかもしれない。表現者が堅物ではダメだね。やはり勉強しない事にはダメだ。<中略>危うく偏った見方しか出来ないとこでした。ありがとう^^

<引用終わり>

だいぶたくさんの反論が来てたようでしたね。ご本人のツイッターの流れも、勉強してみるという方向で…。

ワタシの昔書いたボカロ論は古いページを繙いて頂くとして、有名アーチストがこっち側にくるのかどうか?これはこれでまた面白いことが一つ増えますね。→Pさま。



スポンサーサイト
2 CommentsPosted in ボカロ聴き
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 人類の歴史に残る出来事の中で     私たちは戦っているのです。
電力使用状況&電気予報
    みんなで節電社会をつくりましょう! あかるい夜を取り戻そう!
プロフィール

krn1962

Author:krn1962
FC2ブログへようこそ!
画像映像使用等で何かありましたら、コメントをください。よろしくお願いします。くたびれたオッサンですが、介護も終わったし、また新しい戦いの旅に出ましょうか。「魔窟」なのは、いい歳をした私の汚部屋のことです。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カウンターをつけました