スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図読みを教えるということ

10 31, 2009
このブログも二ヶ月が過ぎ、おもしろおかしくやってきましたが、今日は本業の話をします。


5万分の1地形図「東士狩」大正9年測図昭和6年鉄道補入昭和8年10月30日発行(部分・縮小)

古い地形図を調べる機会が多い仕事なので、いろんなところの地形図を見るのですが、ある時、しかるべき筋から、こんなことを言われました。

「趣味でやっているのですか?」

「?????」

皆さんはご自分のお仕事を「趣味でやっているのですか?」
穴を掘る仕事は趣味でしょうか?穴を埋める仕事は趣味でしょうか?色を塗る仕事は趣味でしょうか?クルマを動かす仕事は趣味でしょうか?モノを教える仕事は趣味でしょうか?
地図読みを教える仕事は趣味でしょうか?そのために地図を見て調べ、頭の中に景色を浮かべることは趣味でしょうか?地図読みを教えるために地図に描かれたすべての一本一本の線を辿り、そこから見いだす地形や地上の様々な物事を思い浮かべることは趣味でしょうか。

モノを教えるために、いろいろなものを調べ、読み、体験するということが行われますが、私はそれを、教える人の言葉や身振りや表情、態度を豊かにするためなのだと思っているのです。
教わろうとする人が、教える人の豊かな言葉や独自の考えや体の動きから何かを学び取る。教える人のパワーが教わろうとする人に伝わる。これが教え、学ぶということの本質なのだと信じているのです。

さて、この地形図、素人とプロの読み方どう違うか、指摘してみましょう。
素人はまず、「北海道拓殖鉄道」という鉃道路線に目がいきます。この鉄道はどんな路線なんだろう?右書きの時代だからきっとSLが走っていたのだろう、直線に線路が伸びた原野を走るSLを想像して懐かしさを感じたりするところでしょう。図を斜めに走る直線の道路に気付く人もいるかもしれません。原野を切り開く砂利だらけもしくは泥だらけの道、時折キタキツネやヒグマが横断しているかも。なんて想像ができれば初級は卒業です。森田氏が番組の中で扱うのはこのぐらいまででしょう。彼の力からすれば、30%ぐらいを番組にしたというところでしょう。

プロはどこを見るのか?
いくつかの記載を同時に見ることが出来ます。波打った等高線、ただし、大正時代から昭和戦前のころの北海道の原野の図ですから等高線の精密さは今とは違います。飛行機から撮った空中写真もまだ使われていない時代の地形をどうやって見極めたかわかりますか?丘の上とか高いところから見下ろした様子をたくさんのスケッチに残して、それをつき合わせて等高線を引いたりするのです。なだらかな斜面、山の麓かいくつものせせらぎが水を集め、泉がわき出しているのか、谷沿いに湿地も見られるようです。湿地の始まりはほぼ同じ標高の付近ですね。地層や土壌も関係あるのでしょう、小流が刻む谷が深いものもあるようです。鉄道が引かれていますが、この地形図の範囲ではまだ、農地の開発は僅かで地形図の左側西の方向に直線の道で囲まれた畑地が僅かに見いだされます。記号を見ると、この図のほとんどが針葉樹林や広葉樹林すなわち人間の手がほとんど入っていない原生林であろうことが想像できます。その中を走る「北海道拓殖鉄道」は西から東へ僅かな傾斜をもって引かれており、その途中に小さな駅があります。この駅を過ぎて線路はカーブすると等高線に平行に小川を渡り、直線の道路と交差し、東へ向かいます。

このくらいの情報を古い地形図の断片から拾いだす仕事をしたあとで、この情報を使って、北海道の歴史や地理なんかを話す材料にするんですが、それでもやっぱり「趣味あつかい」なんでしょうかねえ?

今日は歌はありません。サーセン。



続きを読む »

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 地図読み
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして 人類の歴史に残る出来事の中で     私たちは戦っているのです。
電力使用状況&電気予報
    みんなで節電社会をつくりましょう! あかるい夜を取り戻そう!
プロフィール

krn1962

Author:krn1962
FC2ブログへようこそ!
画像映像使用等で何かありましたら、コメントをください。よろしくお願いします。くたびれたオッサンですが、介護も終わったし、また新しい戦いの旅に出ましょうか。「魔窟」なのは、いい歳をした私の汚部屋のことです。

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カウンターをつけました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。